担当紹介

3件中、1件目から3件目までの3件を表示しています。

竹縄 佳子

「ねえ、どうして叔父さんは元気なのにずっと入院してるの?」小さい頃から、人は何かのきっかけで体調を崩すことがあること、誰もが人には語れない喪失体験を抱えていることをなんとなく感じながら成長しました。私自身も、高校生の頃にトラウマとなる体験を通して、いつ何が起こるかなんて分からないし、選べないことを痛感しました。目に見えない大きな力の前で自分はなんて無力なのか、どうしたら元の自分に戻れるのか、そもそ… 続きを見る »

川村 幸子

私はこれまで、看護師、心理師として緩和ケアの現場で多くの方の最期に関わらせていただきました。また愛する人との別れという、大きな試練に向き合うご家族にも心を寄せて参りました。その私が、最愛の父をガンで亡くすという経験をいたしました。「大したことないから。手術すればすぐ良くなるよ。」そう言っていた父は、わずか4ヶ月で逝ってしまいました。私がついていながら…。私は父の病気に気付けなかった自分を責め、後悔… 続きを見る »

井手 敏郎(IERUBA代表)

著名人、経営者に特化したカウンセリングを行なっています。 大切な存在を亡くした時、気持ちが大きく揺らぐのは、どのような立場であっても変わりません。しかしながら、自分の役割ゆえ、弱音が吐けず、本音が言えないということも少なくありません。 メディアで名前が知られる方や企業を代表される方のお悩みをお聴きする中で、公の場で前向きに振る舞う前に、安全な環境でありのままの気持ちを表現できる機会の大切さを感じて… 続きを見る »