担当紹介

6件中、1件目から6件目までの6件を表示しています。

村野 直子

私自身、幼少期に父を亡くし、そして数年前に母親のように慕っていた祖母を亡くしたという死別体験があります。そんな時、自分の気持ちを素直に話せる場所、話せる人を見つけるのは容易ではありませんでした。大切な方や存在をなくされた方の中には、哀しみを抱えながら、どう毎日を過ごしていったら良いかわからない。この先どうなるのか不安である。もっとこうしてあげたかったのにと罪悪感を抱えている。周りの方たちとの人間関… 続きを見る »

先崎 直子

獣医師ということもあり、主にペットロスを抱えた方へのサポートに重点を置いて活動しています。協会では、ペットロス専門士養成コース講師、わかちあいの会(ペットロスサロン)を担当しております。私自身共に暮らす動物たちとの別れを経験してきました。どの子(共に暮らした動物たち)とのお別れも寂しく辛いものですが、それぞれの子に対する想い、お別れした哀しみは違います。中でも愛犬いおは、家族であり、仕事仲間であり… 続きを見る »

山内 陽卯

母の闘病、認知症の介護から看取りへ ――「助けたかった...」 二度と叶わない願い、その先を生きる日々を支えてくれたのがグリーフケアでした。母はどう思っていたのか? 答えのない問いと後悔を抱えたまま、泣いてもいい場所で過ごすうちに、母からの遺言のような気づきをひとつ、またひとつと受け取れるようになりました。今、お話しされながら哀しみの本当の理由に気づいて、ホッと癒される方に出会う度に、聴かせていた… 続きを見る »

浅野 浩子

やるせないお気持ち、つらくてどうにもならないお気持ち…自分の中に 大きく…大きく 占めているお気持ちを誰にも言えない つらさ…外で見せる自分と 本当の自分が チグハグのような気持ち…大切な存在を亡くしてから 変化してしまった人間関係…言葉にしにくい想いを抱え、どんどん深まる孤立感…いったい いつまで こんな状態が続くのだろう…どんなお気持ちでも お話しください。うまく言葉にならなくても 大丈夫です… 続きを見る »

藤野 初恵

私は相次いで両親を亡くしたことで 大きな哀しみを経験しました一人っ子の私にとって 二人の存在がいかに大きなものだったのか亡くして初めて気づきました親は先に旅立つもの…頭ではわかっていても心がついていかない…なぜ、一緒に過ごせる時間に限りがあることに気づかなかったのだろうあの時もっと優しい言葉をかけていれば…と自分をせめてしまう苦しい日々が続きましたそんな日々も ゆっくりと、少しずつ時間をかけていろ… 続きを見る »

谷合 智美

2018年に結婚3年目で夫を、妻として看護師として看取りました。これからどうやって生きていったら良いのだろうか?と「夫 死亡 助けて」とインターネットで検索しました。私の経験が誰かのお役に立てるのではないかと今に至ります。他の方はどの様にしてこの辛い気持ちを抱えながら生きているのだろう?いつまでこんな辛い気持ちが続くのか?もし、私でよろしければ今、心に抱えている辛いお気持ちをお話ししてみませんか … 続きを見る »