担当紹介

石原 のりこ のプロフィール

石原 のりこ
担当名 石原 のりこ
性別 女性
取得資格(専門)
カウンセリングテーマ
自己紹介 2003年初夏、夫が自ら命を絶ちました。目の前から色が消え、絶望という感情に飲み込まれて前向きに生きれない時間を過ごしました。

この胸の内を誰かにわかって欲しいけれど、どう言葉にしたらいいのか分からない…安易に「そうだよね」「分かるよ」と言われるのもイヤ… どのみち逝った人は還ってこない…
下唇を噛みしめて、日々をやり過ごすのが精一杯でした。

初めてわかちあいの会に足を運んだのは2019年。日常の中で顔を出す「哀しみ」や「怒り」と向き合うまでに16年かかりました。

言葉にしたら泣いてしまいそうになる気持ちを人に話すのは、とても勇気がいることかもしれません。

戸惑い、哀しみ、自責の念と、どう折り合いをつけていったらいいのか、一緒にゆっくり見つけていけたらと思います。

〜私がグリーフケアに出会うまで〜
2017年まで25年間教育系企業に勤務。退職後、自分にできることを模索する中でコーチングに出会い、自分の思いを言葉にすることをひどく恐れている自分に気づきました。私の陰の部分にも無条件に光を照らしながら、定期的にコーチに話を聴いてもらったことで、私の中で安堵感が少しずつ増えていく感じがありました。周囲と距離を置きがちだった私が、徐々に人との繋がりに温かさを感じるようになりました。その先でようやく、自分のグリーフと向き合う勇気を振り絞ることができたのでした。哀しみは目には映りませんが、今も私とともにあります。

石原 のりこ のスケジュール

now loading ...

石原 のりこ のセッション・ご感想